-子どもは社会の希望 未来を創る力です-
社会福祉法人 ねむの木福祉会

 受付時間

お電話でのお問い合わせはこちら
0852-67-1142

 9:30~18:30 (日・祝日除く)

-放課後等デイサービス あおぞら児童クラブ-
ぱす
-welcome to the Espace Homepage-
放課後等デイサービス えすぱすへようこそ
えすぱすは児童福祉法に基づく県指定の放課後等デイサービスです。
えすぱすでは、利用契約後に子どもさんと保護者さんと相談のうえ、児童発達支援管理責任者は一人
ひとりの成長、発達に合わせた個別支援計画を作ります。
その計画に沿って児童指導員たちは発達支援・療育のプログラムを実践するとともに、
子どもたちが自分のリズムでくつろいだり、安心して好きな遊びを満喫できるようにしています。
社会福祉法人ねむの木福祉会 あおぞら児童クラブ えすぱす
施設長兼児童発達管理責任者  藤原 駿輔
えすぱすの運営理念
私たちは、お子さんを単にお預かりするのではなく、
居心地の良い活動の場を提供し、発達支援を積極的に行って参ります。
支援の必要なお子さん1人1人の発達に即したサポートをしていくことで、
安心して生活できる場を提供します。放課後等デイサービスえすぱすが
お子さんにとって心休まる場であり、思い切り楽しめる場になることを、一番の願いとして運営して参ります。
えすぱすの魅力 ~環境構成~
えすぱすの建物はログハウスのような内装になっており、木材の温かみのある素敵な空間になっています。子どもたちが
過ごしやすいように児童指導員が環境構成を工夫し、その中で子ども達は過ごしています。また、施設横にある側溝には
様々な生きものが生息しており、暖かい季節には子ども達が網や小さな手作りの釣り竿を持って、生き物たちと触れ合います。
施設外観
施設に隣接する側溝
1階療育指導室
放課後等デイサービス えすぱすの強み
えすぱすの強みとして、様々な資格を有した職員が在籍しています。
下記のような様々な経験、実績を積んだ職員が大切なお子さんの支援を行っています。
●養護教諭
●保育士
●高等学校教諭
●中学校教諭
●理学療法士
●幼稚園教諭
●介護福祉士
●認定特定行為業務従事者
●小学校教諭
●児童発達支援管理責任者
●サービス管理責任者
●児童指導員
放課後等デイサービス えすぱす 紹介動画
えすぱすでの運動療育~フットサル~
 2021年より、新しく運動療育として取り入れた『フットサル』。フットサルを楽しむことで生活能力や集団の中での社会性を養うことができます。フットサルはルールがとてもシンプルであることから目的意識が芽生えやすく、子どもたちは療育の中で多くの成功体験を得て、自信に繋げていくことができます。また身体の動作について熟知したスペシャリストである理学療法士が子どもたちの身体機能の成長をさらに促進します。
これからも子どもたちと同じ目線に立ちながら「楽しむこと」を大切に活動しています。
フットサルはチームスポーツであり、常に
コミュニケーションが求められます。プレーの中で
言葉だけではなく、表情、声の調子、身振り手振りなど言葉以外
ノンバーバルコミュニケーション」も自然と使えるようになっていきます。

~フットサルを通して子どもたちが身につけていく能力~
遊びながら様々な動きをすることで
子どもたちの体力強化を図ることはもちろん、
スポーツ科学の分野からも発達障がいに対して
脳の活性化や様々な成功体験から自己肯定感を高めることが期待されています。

どんなスポーツにもルールがあり、
決められた約束事の中で集団行動をすることで
自然と子ども達の「社会性」を育むことができます。
脳の活性化、自己肯定感の向上
コミュニケーション能力の向上
社会性の向上
あおぞら児童クラブえすぱすの概要
施設名称
あおぞら児童クラブ えすぱす
所在地
松江市西川津町2663-6
利用日
月曜日~土曜日
※8月13日~15日、12月30日~1月3日、祝日を除く
ご利用時間
【平日】
  14:00~18:30
【土曜日(祝日以外)】
   9:00~17:00(延長8:00~9:00、17:00~17:30)
 【学校休業日】
   9:00~17:00(延長8:00~9:00、17:00~18:30)
利用できる方
松江市内の学校に在籍している18歳までの児童・生徒。
ご利用には、松江市役所の障がい者福祉課へ、印鑑と療育手帳(または医師の診断書等)をお持ちいただいて、通所受給資格者証の交付を受けることが必要です。
※保護者の就労の有無は関係ありません
※上記からパンフレットをご覧いただけます